iPhone 7:センサー配置変更、Plusはデュアルカメラ。現行アクセサリ流用困難。

0

 

Macお宝鑑定団は、iPhone 7について、現行モデルのiPhone 6sと基本的に同じ寸法と予測されるものの、保護フィルムメーカーによると、ディスプレイ面の近接センサーがデュアル仕様になったり、環境光センサーが右側に配置変更されていることがわかったと伝えています。

(image via www.feldvolk.com/)

また、iPhone 7のiSightカメラのセンサーは大型化して、iPhone 7 PlusのiSightカメラはデュアルレンズになることから、iPhone 6sシリーズと同じサイズ感であっても、ケース類や保護フィルム類の流用が難しいようです。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、新モデルはiPhone 6sのデザインからほとんど変更なく、4.7インチと5.5インチモデルの2種類の展開にも変更はないと報じています。また、最大の変更点としてイヤホン端子をなくすことによる、薄型化や耐水性の向上を挙げています。

Share.

About Author

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply