Apple、Touch IDを搭載するMacBook Proを2016年第4四半期に発売?

0

 

9to5Macは、KGI証券のMing-Chi Kuoアナリストの最新のレポートによると、Appleは、デザインや機能を刷新した新しいMacBook Proを開発しており、2016年第4四半期にも発売するようだと伝えています。

13インチと15インチの新しいMacBook Proは、現行の12インチMacBookのようなデザインを採用して「より薄く、軽く」なるとしており、機能面では、新たにTouch IDによる生体認証とOLEDディスプレイタッチバー、Thunderbolt 3やUSB-Cといった最新のインターフェイスを搭載するとしています。

OLEDディスプレイタッチバーは、現行の物理ファンクションキーに置き換えられるものとされており、DIGITIMEが以前レポートしていた金属粉末射出成形を用いたヒンジが関連していると推測しています。

また、Appleは13インチMacBookを準備していると伝えられており、12インチMacBookのデザインを踏襲してパフォーマンスを向上させたモデルになるとのことです。

同氏によると、Appleのノートブックラインナップは、エントリーモデルの「MacBook Air」、ミドルレンジモデルの「MacBook」、ハイエンドモデルの「MacBook Pro」となるようです。

Share.

About Author

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply