Apple、iPhone販売低調で第2四半期も3割減産/新機種発売を前倒しも=日経

0

 

日本経済新聞は、国内外の部品メーカーからの情報として、Appleの「iPhone」は1月-3月期に引き続き、4月-6月期も前年同期比3割り程度の減産を継続するようだと報じました。同紙は、今年1月、2016年1-3月期の「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」生産量を当初の計画から3割り程度減産していると報じていました。

昨年秋に発売したiPhone 6sシリーズの販売が低調のためと見られ、国内メーカーの工場の稼働率も低下するなど、収益への影響が避けられない見通しです。3月には新機種「iPhone SE」を発売しましたが、フラグシップモデルを補うほどの生産台数は計画されていない模様です。

日本経済新聞では、例年9月に発売されるiPhoneの新モデルの発売時期を前倒しにする可能性に言及し、その場合は第2四半期の部品生産が活発になるとしています。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply