今年9月発売のiPhone 7:iPhone 6sより薄くなり3.5mmヘッドフォン端子は廃止に

0

 

Macお宝鑑定団は、情報によると、Appleが2016年に発売する「iPhone 7」は、現行モデルのiPhone 6sと同じ幅と高さを維持しつつ、厚みが1mm薄くなるようだと伝えています。これに伴い、Lightningコネクタも薄くなるかもしれないそうです。

これまでの噂通り、背面のDラインや3.5mmヘッドフォン端子は無くなると考えられており、底面にはステレオスピーカーが搭載される可能性があるようです。 iSightカメラのレンズカバーは本体と一体化され、デュアルレンズではなく従来の配置を維持しているようです。なお、iPhone 7 Plusがデュアルレンズかどうかは不明としています。

素材については、一部で新素材による防水仕様とも伝えられていましたが、これまでの金属筐体を維持しつつ、防滴レベルに留まると予想しています。

Appleは、今月下旬にも4インチディスプレイの「iPhone SE」を投入する方針ですが、フラグシップモデルであるiPhone 7は、これまでと同じサイクルで今年9月に発売される見込みです。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply