トランプ氏「サムスン使う」テロ捜査へのFBI要請拒否でApple不買運動へ

0

 

Appleが、米国カリフォルニア州で昨年12月に発生した銃乱射テロ事件に関して、FBIからの捜査協力要請を拒否した問題で、2017年大統領選の共和党候補者指名争いに立候補しているドナルド・トランプ氏は自身のTwitterに「Appleが捜査協力するまでサムスン製を使う」と書き込み、また「全てのApple製品をボイコットしよう」と支援者に不買運動を呼びかけました。

同社は、2月16日、FBIからテロ事件容疑者のiPhoneのセキュリティロックを解除するように要請があったことを明らかにしたうえで、ティム・クックCEOのレターとして顧客の個人情報保護のために拒否する姿勢を見せました。 米司法省は「(Appleの)マーケティング戦略の一環だ」と強く非難した上で、19日にロック解除を強制するよう裁判所に申し立てました。 米国のIT企業大手は、Appleの方針を支持する声明を相次いで出しており、Googleのスンダル・ピチャイCEOは以下のコメントをツイートし、ティム・クック氏を支持しました。

一方で、テロ捜査への情報提供という限定的な目的のためには、Appleは捜査に協力すべきという意見も多く、先のトランプ氏の発言につながっています。

(via 日本経済新聞, 産経新聞)

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply