NuAns NEOには、イロトリドリな選択肢が欲しい。

0
NuAns NEOユーザーの醍醐味の1つが、背面カバーを着せ替えて楽しむことです。NuAnsでは、TWOTONEカバーを上下各8カラーずつ用意しており、それだけでも64通りのデザインが楽しめます。
素材もクラレのポリカーボネート「クラリーノ」、東レの「ウルトラスエード」、ゼロワンプロダクツの天然木材シート「テナージュ」の全く異なる3種類用意されています。異なる素材を上下で組み合わせるとさらに面白い表情になります。そのほかに、いわゆる手帳型のFLIPカバーも8種類あります。
さきに、NuAns NEOのファッションライクなカスタマイズ性が「Apple Watch」に似ているということを書きましたが、先日、スエードホワイトのトップカバーを追加して、さらにその思いが強くなってきました。(→関連記事
私のNuAns NEOも、より春らしく、さわやかな雰囲気を装いました。
現在、Apple Watchには、ローンチ時点でのスポーツバンドカラーに加えて、淡いパステル系の新色などを追加して、全16色のラインナップを展開しています。パステル系のカラーは春らしく、季節感を出しやすいです。その他の素材のバンドも多数用意されています。
ここにはNuAnsブランドとしての世界観も絡んでくるでしょうが、NuAns NEOにも将来的にその時節に応じたカラーや素材でカバーを追加してくれると嬉しいです。淡いパステルブルーや柔らかいオフホワイトなどどうでしょう。
NuAns NEO TWOTONE CORE(ネオ ツートーン コア)本体セット スムースブラック(Windows 10 Mobile/Continuum for Phone)
Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply