レビュー:SIMフリースマートフォン「HTC Desire 626」

1

 

HTC NIPPONは、10月中旬、SIMロックフリースマートフォン「HTC Desire EYE」と「HTC Desire 626」を発売し、国内のSIMフリー市場に参入した。RINGO-SANCOでは、今回「HTC Desire 626」をHTCからお借りしたので、数回にわたりレビューしていく。まずは、外観について写真を交えてご紹介したい。

なお、上位モデルのDesire EYEのレビューも掲載しているので、こちらもご参考いただければ幸いだ。

先行レビュー:SIMフリースマートフォン「HTC Desire EYE」
レビュー:SIMフリースマートフォン「HTC Desire EYE」(特徴)
レポート:HTC NIPPON「HTC Desire EYE / 626」説明会

HTC Desire 626のパッケージは、角丸なコンパクトデザインの化粧箱だ。シンプルで、表面にはHTCのロゴがエンボス加工されている以外は何も書かれていない。Desire EYEと異なり、機能や特徴などの説明は主張が少ない。

Desire 626は、5インチHDディスプレイを採用したAndroid 5.1(Lollipop)バージョンのスマートフォンで、メインカメラに1,300万画素の高画質カメラを搭載し、インカメラにも500万画素カメラを採用しているミドルレンジモデル。

CPUにはQualcomm社の「MSM8916」1.2GHzクアッドコアプロセッサを採用しており、内蔵ストレージは16GBで、メモリは2GB。こちらのモデルはDesire EYEと異なり防水・防塵性能は有していない。

メインカメラ部分をクローズアップしてみる。カメラレンズの下にフラッシュが搭載されている。直販価格が29,800円のお求めやすいモデルなので、Desire EYEに搭載されているデュアルフラッシュは省略されている。

全体が艶消し加工を施したポリカーボネート素材で、触り心地が良い。ただ、ラバーコーティングがかかっているわけではないので、滑りやすくも感じる。あと、若干キズが気になる。

5インチディスプレイなので全体的にコンパクトに収まっている。HTCスマートフォンではおなじみのデュアルフロントスピーカーがディスプレイの上下に搭載されていて、迫力あるサウンドを楽しむことができる。

このデュアルフロントスピーカーはYouTubeなどの動画コンテンツを再生するときに威力を発揮する。

端末の右側面には音量調節ボタンと電源ボタンが並んでいて、このあたりの配列はDesire EYEと同様だ。

また、左側面にはSIMカードスロットとmicro SDカードスロットが一つのカバーに保護されている。グローバルモデルにはデュアルSIMモデルがあるが、中央のSIMポートはキルされている。

対応バンドは以下のとおり。

LTE:
・FDD-700/850/900/1800/2100/2600/800(FDD B28/B5/B8/B3/B1/B7/B19)

W-CDMA(HSPA+):
・800/850/900/2100(B6/B19/B5/B8/B1)

GSM/EDGE:
・850/900/1800/1900

販売価格は、29,800円(税抜)で、HTCの直販オンラインストアのほか、Amazon.co.jpなどでも販売されている。Desire EYEが52,800円なので、よりお求めやすいスマートフォンとして幅広いユーザーに訴求できるだろう。

HTC Desire 626 SIMフリー スマートフォン ブルー HTC DotViewセット DESIRE-626-BL SET
Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

1件のコメント

  1. Pingback: イケメンな楽天限定ブラックモデル「Desire 626」期間限定で13,900円。

Leave A Reply