Apple、3年後のiPhoneで有機ELを採用する方針をメーカーに通達

0

 

日本経済新聞は、Appleが、複数の取引先メーカーに対して将来の「iPhone」に有機ELディスプレイを採用する方針を伝えたと報じました。

Appleの計画では、2018年に発売するiPhoneの一部モデルに有機ELディスプレイを採用するとのことで、通達を受けたLGディスプレーは韓国の主力工場に数千億円規模の生産ラインを新設します。

有機ELディスプレイは、色再現性や省電力性、設計の柔軟性が高いことがメリットとして挙げられ、サムスンエレクトロニクスのGalaxyシリーズが「Super AMOLED」として代表的に採用しています。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply