iPhone 6sで写真を撮ってみた in 沖縄。

0

Appleが先日発売した「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」のカメラには特徴が2つある。

1つは、従来の800万画素から大幅に向上した1200万画素のiSightカメラを搭載し、解像度の面で進化したことだ。そしてもう1つは、Live Photos機能により、カメラに対する新しいユーザーエクスペリエンスを提供したことだ。

Live Photosは、iPhone 6sのレビューでもお伝えしたように、カメラで撮影前と撮影後の合計3秒間を動画で記録して、壁紙などに設定できるという機能だ。この機能は、標準でオンになっていて、通常の「写真」を撮影するときに適用される。つまり、iPhone 6sシリーズユーザーはデフォルトでLive Photosの機能を使うことになる。

ただ、写真を撮るにあたって特に違和感はない。Live Photosは、シャッターを切るまでの1.5秒間を自動的に記録しておき、シャッター後の1.5秒を含む計3秒を、シャッターの静止画とは別に「3D Touch」で押し込んだ際だけに再生される動画として保存する機能だからだ。

ここでは、iPhone 6sを使って沖縄で撮影した写真を補正なしでアップした。アップロードの都合上で幅1,500ピクセルにリサイズされている。そして、写真は全てLive Photosをオンにした状態で撮影した静止画だ。(iPhone 6s内で3D Touchすると動画になるが、残念ながらここでは共有できない)

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply