Apple、iPhone 6sとiPhone 6s Plusを発表/12日予約開始、25日発売

0

 

Appleが、新たな感圧式のマルチタッチディスプレイ「3D Touch」を採用する、4.7インチと5.5インチの「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」を9月25日(金)から発売すると発表しました。日本も従来通り一次販売国に含まれており、9月12日(土)よりNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクとAppleを通じて予約受付が開始されます。

 

3D Touch

ディスプレイを押す強さを検知して、従来のマルチタッチジェスチャーに加えて「Peek」と「Pop」の2種類のアクションを追加しました。「Peek」はメールを軽くプレスすることでプレビューできる機能などを備え、深めにプレスするとメールを開く「Pop」という動作になります。

3D Touchは地図や写真、ウェブサイトはもちろん、サードパーティ製アプリも対応します。

 

4Kビデオ録画に対応したiSightカメラ

iSightカメラは新たに1200万画素カメラを搭載しました。それに伴い、4K解像度のビデオを録画することも可能になります。また、動きのある写真を撮影し、壁紙などに設定できる「Live Photos」機能も追加されました。

自撮り用のFaceTimeカメラも500万画素に向上し、撮影時にディスプレイを発行させる「Retina Flash」も搭載されました。

 

強化されたアルミニウムボディ

 

iPhone 6sシリーズに使用されるアルミニウムは7000シリーズで、これまでのiPhoneのなかで一番耐久性の高い素材としています。またディスプレイに使用されるガラスについても、二重イオン交換プロセスを用いた新しい丈夫なガラスに進化しています。

筐体カラーには、シルバー、ゴールド、スペースグレイに加えて、ローズゴールドが新たに加わりました。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply