iPhone 6s:筐体流出、現行モデルのデザインを踏襲。

0

 

9to5Macが、今年の秋に発売予定の「新しいiPhone」のフレーム画像をサプライチェーンから入手したとして本日公開しました。写真をもとに、9to5Macは以下の特徴について言及しています。

  • 現行のiPhone 6と全く同じ外観で同じサイズ
  • 内部構造は現行と異なる
  • デュアルレンズは無い
  • アンテナライン(Dライン)は健在
  • 現行と同じイヤホンジャック、Lightningコネクタ、スピーカー

今秋にも発売される新しいiPhoneは、メジャーアップデートの1年後のマイナーアップデートサイクルという通例に従い、「iPhone 6s」と呼ばれるような製品になるかもしれません。

ただ、ディスプレイには「Apple Watch」で搭載された感圧式タッチパネルが搭載される可能性があります。

 

[All images above via 9to5Mac.com]

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply