ソフトバンク、昨年度末時点の契約数シェアが初めて減少に転じる

0

総務省が6月23日に発表した「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データ」によると、ソフトバンクの2015年3月末時点での契約数シェアが昨年同期比0.7ポイント減の29.0%となり、2006年度のボーダフォン買収以降初めての減少を記録しました。

同データによると、NTTドコモとKDDIはそれぞれ42.4%(+0.2%)、28.6%(+0.5%)とそれぞれ増加しており、iPhoneなどの人気機種のユーザーを従来独占販売していたソフトバンクから奪う構図が伺えます。また、MVNOの契約者数も貢献しています。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply