各キャリア、iPhone 6を特価販売開始/MNP一括0円まで登場

1

国内でiPhoneを扱うNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのキャリア3社が、今週初めより「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の機種代金にインセンティブを上乗せし、特価での販売を開始しています。

◯すごい特価はMNP向け

iPhone 6およびiPhone 6 Plusの特価販売はキャリアが公式に案内している施策ではなく、あくまで代理店が独自に行っている(ように見せています)。主に番号ポータビリティ(MNP)による乗り換え向けの施策ですが、一部割引は新規契約や機種変更でも適用されています。

ある家電量販店では、ドコモのiPhone 6を2台同時にMNPで購入すると、元ドコモユーザー向けの施策「おかえりボーナス」などをすべて適用した場合に端末代金が2台で一括価格0円になるキャンペーンを実施していました。

また、KDDIのiPhone 6をMNPで購入すると、1台でも3万円割引、2台同時で計10万円の割引を案内していました。ソフトバンクのiPhone 6でも同様のキャンペーンが行われており、各キャリアが一斉にiPhone 6シリーズの実質値下げに踏み切ったカタチです。

 

◯ドコモは「おかえりボーナス」と「家族セット」メイン

各キャリアはMNP用の施策を多く用意しており、それを適用させることでかなり安くiPhone 6を購入することができます。

例えば、ドコモでは旧ドコモユーザー向けの「おかえりボーナス」を提供、過去にドコモで利用したことがある電話番号であることが確認できた際に機種代金が10,800円割引されます。

また、「家族まとめてセット割」は2台以上をまとめて契約してシェアグループを組むことで、1台につき機種代金を10,800円割り引きます。旧機種の下取りも受け付けており、国内で一番古い「iPhone 3G」でも10,800円値引きされます。

これら全てが適用されると最大約4万4,000円割引なので、販売価格73,872円のiPhone 6 (16GB)でも1台につき3万円弱で購入できます。

とあるドコモショップでは、基本の構成に加えてDCMXや各種オプションに加入すると機種代金が2台とも0円になる施策を用意していました(現在、在庫なしのようです)。このようにキャリアショップを含めて、ドコモのiPhone 6は安く買えるようになっています。

 

◯auは「2台セット」「旧Android下取り」の合わせ技

KDDIのiPhone 6向けのMNP施策も「2台セット」は大きいです。現在、キャリア施策で2台同時購入すると1台につき3万円割引するキャンペーンをしているようです(こっそり)。さらに、6月12日から期間限定で「夏っトク!iPhone乗りかえキャンペーン」が適用され、機種代金から1万円割引されます。

auが興味深いのは、キャリアの下取り施策で他社のAndroidスマートフォンの下限設定が10,800円になっていることです。家に眠っている、どんなAndroidスマートフォンでも機種代金から10,800円引きになります。

また、最近のauは「au WALLETカード」へのキャッシュバックが主流となっており、MNPで通話定額の新プランを契約すると後日10,000円をチャージする「auにかえる割 Plus」を実施中。7GBまでデータ通信ができる旧プランでも24ヶ月基本料が無料になります。

さらに「家族スマ得プログラム」により、au WALLETに事務手数料相当の3,240円が後日(それぞれの契約に)チャージされます。

実際に筆者もauのiPhone 6を契約してみました。

上のレシートをザックリ解説すると、以下の内訳です。

14万6,880円(iPhone 6 16GB 2台)
▲21,600円(Androidスマートフォン下取り 2台分)
▲21,600円(夏っトク!iPhone乗りかえキャンペーン 2台分)
▲64,800円(同時購入による特別割引)

10万円以上の割引が適用され、2台で38,800円という内訳です。後日、au WALLETカードに10,000円+3,240円+3,240円=16,480円もチャージされます。

 

◯ついに在庫調整に突入

こうしたiPhone 6の特価販売は、今秋にも発売される見込みのiPhoneの新機種に向けた在庫調整に入ったと考えられます。ただ、各社夏モデルをリリースしている時期に、もともと人気のあるiPhoneを格安販売していると、他のスマートフォンに尚更競合しちゃっているのは可哀想・・・。

とはいえ、iPhone 6の購入を検討していたユーザーにとって、他キャリアからの乗り換えなら今が買い時、とオススメします。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

1件のコメント

  1. Pingback: ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」の51本目は「iPhone 6 を安く買う方法について」 - オーケーマック

Leave A Reply