Google、写真を無制限に保存「Googleフォト」提供開始(レビュー)

0

Googleが、1600万画素以下の写真を無制限に保存することができる新しいクラウドサービス「Google Photos」(Googleフォト)を発表し、本日から提供を開始しました。

Google Photosは、これまでGoogleの「Google+」内で展開していたフォトストレージサービスを独立させたもので、Androidアプリのほか、iOS向けのアプリ、PCやMacで閲覧できるウェブサービスで展開します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーザーは、Googleアカウントを使用してサービスにログインすることが可能で、1600万画素以下の画質で無制限に保存することができます。また、動画も1080p以下で保存できます。

ログインさえすれば、iPhoneやiPad、Androidスマートフォン、MacやPCなどマルチデバイスで閲覧できるのも魅力の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートフォン向けアプリケーションではユーザビリティにも配慮しており、長押しやスワイプで機能を使い分けられるほか、ピンチイン・アウトで日付別のタイムラインを拡大したり縮小したりすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左右にスワイプすることで、フォトや、写真からムービーやコラージュを作成する「アシスタント」、アルバムやストーリーを作成できる「コレクション」に移動することができます。

写真は日付ごとに自動で整理されるので、写真を月別カレンダーのようにサムネイルすることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の閲覧画面で、シェアボタンや編集ボタン、ゴミ箱などのアイコンが登場します。編集ボタンを押すと、簡易な画像レタッチやトリミングなどができます。

写真はTwitterやFacebookなどのSNSのほか、メールなどの各種サービスに転送できます。

Google Photosは、PCのウェブブラウザからも閲覧できます。基本的にスマートフォン版と同じ機能が使用できます。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply