NTTドコモ、サムスン「Galaxy S6 edge SC-04G」「Galaxy S6 SC-05G」4月23日発売

 

NTTドコモが、サムスンエレクトロニクス製Androidスマートフォンの最新モデル「Galaxy S6 edge SC-04G」および「Galaxy S6 SC-05G」を、4月23日(木)に発売すると発表しました。

 

 

両側面がディスプレイになっている特徴的なGalaxy S6 edge SC-04Gは、デュアルエッジスクリーンの5.1インチQHD(2560×1440ピクセル)SuperAMOLEDディスプレイを搭載し、OSにはAndroid 5.0(Lollipop)を、CPUにはサムスン「Exynos 7420」2.1GHz クアッドコア+1.5GHzクアッドコアのオクタコアプロセッサを採用します。

また、カメラは1600万画素でF値1.9のメインカメラと、500万画素でF値1.9のフロントカメラを搭載します。

急速充電に対応したワイヤレス充電も搭載しています。日本国内向けの機能として、ワンセグとおサイフケータイに対応します。

 

(写真はグローバルモデル)

 

カラーラインナップは、ゴールドプラチナとグリーンエメラルドの2色展開です。

 

本モデルは、KDDIからも「Galaxy S6 edge SCV31」としてリリースされます。

KDDIはブラックサファイア、ホワイトパール、ゴールドプラチナの3色展開のため、ドコモではグリーンエメラルドが限定カラーとなり、KDDIではブラックサファイアとホワイトパールが限定カラーとなります。

 

主な仕様:

ディスプレイ:デュアルエッジスクリーン、5.1インチQHD(2560×1440ピクセル)SuperAMOLEDディスプレイ
OS:Android 5.0(Lollipop)
CPU:オクタコア(「Exynos 7420」2.1GHz クアッドコア+1.5GHzクアッドコア)
カメラ:1600万画素カメラ(メイン)/ 500万画素カメラ(フロント)
製造:サムスンエレクトロニクス
発売時期:4月23日発売

 

 

標準モデルのGalaxy S6 SC-05Gは、5.1インチQHD(2560×1440ピクセル)SuperAMOLEDディスプレイを搭載し、OSにはAndroid 5.0(Lollipop)を、CPUにはサムスン「Exynos 7420」2.1GHz クアッドコア+1.5GHzクアッドコアのオクタコアプロセッサを採用します。

また、カメラは1600万画素でF値1.9のメインカメラと、500万画素でF値1.9のフロントカメラを搭載します。

こちらも、急速充電に対応したワイヤレス充電を搭載するほか、日本国内向けの機能として、ワンセグとおサイフケータイに対応します。

 

 

(写真はグローバルモデル)

 

本モデルは、国内ではドコモのみラインナップし、ブラックサファイア、ゴールドプラチナ、ホワイトパールの3色展開です。

グローバルモデルにラインナップされているブルートパーズは現時点では展開されません。

 

主な仕様:

ディスプレイ:5.1インチQHD(2560×1440ピクセル)SuperAMOLEDディスプレイ
OS:Android 5.0(Lollipop)
CPU:オクタコア(「Exynos 7420」2.1GHz クアッドコア+1.5GHzクアッドコア)
カメラ:1600万画素カメラ(メイン)/ 500万画素カメラ(フロント)
製造:サムスンエレクトロニクス
発売時期:4月23日発売

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>