サムスン、日本で発売予定の新機種の説明員を4倍に

サムスン日本法人が、日本国内で発売予定の新機種の説明員を昨年末の4倍に増やし、数百人規模で対応します。日本経済新聞が報じました。

説明員は、1ヶ月ほど家電量販店を巡回し、来店客に説明します。新機種の特徴を丁寧に説明することで、ブランド力の向上を図ります。

 

国内で発売予定の新機種はディスプレイの両側面に曲面加工を施されているアルミニウム筐体の「GALAXY S6 Edge」とスタンダートモデルの「GALAXY S6」を含むものと考えられ、日本国内でも春モデルとして展開されます。

GALAXY Note Edgeの時と同様に、重要マーケットとして位置づけています。

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>