Apple、横浜のパナソニック跡地を取得へ=朝日新聞

DSC00527

 

朝日新聞は、Appleが、横浜市の事業用地の取得を進めていることが明らかになったと報じました。

 

同社が取得を目指しているのは、2003年まで携帯電話などを生産していた横浜市港北区のパナソニック工場跡地で、現在は更地になっています。

複数の関係者は、約3万8千平方メートルの工場跡地を3区画に分けて、その1区画をAppleに売却する方針としています。

 

Appleは、昨年12月に国内初の研究拠点テクニカル・デベロップメント・センターを横浜市に設けると発表しており、みなとみらい21地区に早ければ4月にも開設されます。

今後投入予定のiPhoneやスマートデバイスについて、日本の部品メーカーと連携し、同社向けの技術の囲い込みを狙います。

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>