NTTドコモ、本体価格からの割引額の半額を解除金とする購入サポートを今週開始へ

P1000152

 

NTTドコモは、番号ポータビリティ制度(MNP)を利用した新規契約時に適用してきた本体価格からの割引施策「ダイレクト割」の内容を見直し、短期解約時に割引額の半額を解除金として負担させる新たな施策を今週末より開始します。複数のドコモ取扱店で確認しました。

 

これまでのダイレクト割は、MNPによる新規契約時に本体価格から大幅な値引きをするというものでしたが、今週末より提供される端末購入サポートでは、一定期間内に解約やプラン変更を行った場合、サポート額の半額が請求されます。

一例となりますが、本体価格が8万円の製品に5万円の端末購入サポートによる割引が付いていた場合、6ヶ月以内に解約やプラン変更した際に2万5千円の解除金が発生します。

 

こうした施策の変更は、現行のダイレクト割で本体価格一括0円のスマートフォンを購入したユーザーが短期解約をはかり、インセンティブを回収できない事象を補うものと推測されます。

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>