写真レビュー:国内キャリア初のFirefox OSスマートフォン「Fx0」

 

KDDIが、12月23日に発表し、25日から発売を開始した国内キャリア初のFirefox OSスマートフォン「Fx0 LGL25」を購入したので、改めて写真でレビューします。

 

Fx0は、MozillaのオープンプラットフォームのモバイルOS「Firefox OS」を国内キャリアで初めて採用したスマートフォンで、LGエレクトロニクスが製造を担当しています。

 

DSC00321

 

Fx0の化粧箱は、スマートフォンと同じゴールドの箱で、モデル名の「Fx0」と「Firefox OS」ロゴが描かれています。

また、限定数で提供されているクリアのバックカバーも付属します。Fx0は、CADデータが公開されているため、3Dプリンターなどを使用して誰でもバックカバーなどのアクセサリを開発することができます。

 

DSC00312

 

電池パックとバックカバーは取り外しが可能で、電池パックも本体内部色と同様のゴールドの塗装が施されています。

標準のバックカバーには、すりガラス調のスケルトンデザインが採用されています。

 

 

バックカバーを取り外してみました。様々なパーツがゴールドで統一されていることが分かります。

なかでも、発表会でも強調していた、ゴールドのスケルトンボディのためだけに製作された同色のゴールドのネジは、色合せを重ねて最終的には通常の40倍のコストで作られたそうです。

 

また、バッテリー下部の無線アンテナには1つのダミーが隠されているのだとか。

 

DSC00359

 

限定数で付属してきたクリアのバックカバーを装着しました。

クリアケースにもゴールドの塗装が施されているので、違和感なくFx0の内部デザインにマッチします。

 

DSC00327

 

こちらも発表会でフィーチャーされましたが、ホームボタンにはよく見るとFirefoxのロゴ(フォックス)が立体的にプリントされています。

このパーツは、10回のサンプル出しを経て、ファイナルまでに300万円程度をかけているとのことで、開発陣のコダワリを感じさせます。

 

DSC00350

DSC00347

 

今更になりますが、本製品のデザインは、au design projectの「MEDIA SKIN」や、iidaの「X-RAY」でお馴染みの吉岡徳仁氏が担当しています。

 

スペックを見ると、Fx0は4.7インチIPSディスプレイ(720p)を採用するFirefox OS 2.0搭載のスマートフォンで、CPUにはクアルコム社「MSM8926」1.2GHzクアッドコアプロセッサを採用しています。また、メインカメラとして約800万画素カメラ、サブカメラには210万画素カメラを搭載しています。

連続通話時間は約1010分、待受時間はLTE時に720時間を実現しています。

 

主なプリインストールアプリケーションは、LINEやFacebook、NAVITIME、au災害対策など。マーケットプレイスからはTwitterやYouTubeもダウンロードできます。

標準で選択できる言語は日本語と英語。

 

オープンプラットフォームとして、今後も多くのアプリケーションが開発されて盛り上がるとユーザーは嬉しいです(開発者じゃなくてすいません)。

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>