レビュー:「ARROWS NX F-02G」デザインから見る操作性への配慮と機能

DSC00137

 

RINGO-SANCOでは、NTTドコモが販売する富士通製Androidスマートフォンで2014年秋冬の最新モデル「ARROWS NX F-02G」を入手したので、複数回に渡りレビューします。

 

第1回目は、ARROWS NX F-02Gのデザインへのこだわりを中心にハードウェア面を見ていきます。

まずは同モデルの基本スペックをおさらいしてみましょう。

 

1. 5.2インチ2Kディスプレイ

DSC03232

 

ドコモの新モデル発表会の際もレポートしましたが、ARROWS NX F-02Gは、5.2インチの2560×1440ピクセル(WQHD)ディスプレイを搭載した、2Kクラスディスプレイのスマートフォンで、OSには、Android 4.4(KitKat)を採用し、2.3GHz「Snapdragon 801 / MSM8974AB」クアッドコアプロセッサを搭載しています。

俗にいうハイエンドモデルのカテゴリに属します。

 

この2Kクラスディスプレイの高精細さについては後日あらためてレビューしたいと思います。

 

DSC00067

 

背面には、2070万画素のメインカメラと、丸い形状の指紋認証センサーが搭載されています。

指紋認証センサーはスマートフォンをアンロックする際のボタンの役割も果たすため、ちょうど人差し指が乗る位置で快適にオン、オフができます。

 

DSC00068

 

F-02Gは、最近ではめずらしい日本製のスマートフォン。

日本国内でアッセンブルまで行っているスマートフォンは、シャープの一部や京セラあたりしかもう残っていないと思います。

 

それだけに、強靭に作られていて緩みのない筐体という印象を受けます。

 

2. カラーラインナップと塗装技術

DSC03268

 

さて、実はこの背面の素材にF-02Gの秘密が隠されているようです。

 

まず、すべてのカラーで本物のダイヤモンドの粒子とガード層を多層にコーティングして耐傷性と耐久性に威力を発揮する「ハイパーダイヤモンドタフコート」 が施されています。

さらにブラックモデルに限り、ドット模様でわずかな凹凸を付けることで、手に馴染みやすいテクスチャーも。

 

たしかに私のブラックは、滑りづらく持ちやすいため、多分カラーラインナップのコストでも一番高いんだろうな〜と勝手な想像。

ちなみに富士通の担当者によると人気順はブラック>ホワイト>オレンジだそうで、まあ納得かも。

 

3. ユーザービリティ(使いやすさ)への配慮

DSC00074

 

通常の電源ボタンも右側面の中央に位置しており、写真の通り、ちょうど指がかかるところに配置されています。

5インチを超える大画面スマートフォンにとって、使い勝手は重要な評価対象になります。F-02Gは、先ほどの指紋認証センサーの位置に加えて、この2点においてユーザービリティに配慮されている感じがあり、好感が持てました。

 

スマートフォンは常時なにかと使うもの。まずは使いやすさだと思います。

 

4. 独特なオクタゴンフォルム

DSC00073

 

F-02Gは、正面から六角形に見えるオクタゴンフォルムをデザインに採用。

iPhoneを代表するたいていのスマートフォンが長方形デザインなので、より引き立つユニークなデザインを目指したようです。

 

ただ、デザイン性だけにとどまらず、オクタゴンフォルムはユーザービリティにも寄与。

写真の通り、角の部分を手のひらにフィットさせることで、より自然にスマートフォンを持つことができました。

 

DSC00138

 

ディスプレイの縁には強度の高いアルミニウムフレームを採用。

画面を全体で包み込むように支えるほか、長持ちする耐久性やアンテナの役割も担っています。高級感もありますね。

 

DSC00072

 

ARROWS NX F-02Gのデザインは他のスマートフォンとは異なる異彩さ(適切な表現かは不明)を際出せています。

それは、単に目立つためや高級感を演出するためだけではなく、大画面スマートフォンを使うユーザーの使い勝手に配慮した、考え抜かれたデザインなんだと実感しました。

 

5. 改善要望点

DSC00134

 

そんな中、あえて次期モデルで改善して欲しいところを挙げるとすると、それはサイズ感。

F-02G(約144×74mm×9.4mm)は決して大きくはないのですが、同クラスのディスプレイを持つXperia Z3(約146×72×7.3mm)などと比べると幅も厚みもトータルでは大きく感じます。

 

各社が大画面スマートフォンをいかに使いやすく提供するか、絶えず進化する技術とともに切磋琢磨していると思われますが、ぜひ、この点は次期モデルで実現して欲しいポイントです。

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Trackbacks/Pingbacks

  1. ARROWS NX F-02G:2Kディスプレイで無料配信中『ロード・オブ・ザ・リング』を楽しむ - […] 第1回目は、ARROWS NX F-02Gのデザインへのこだ…

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>