ソフトバンク、サムスン製タブレット「GALAXY Tab 4」12月中旬発売へ

0

 

ソフトバンクモバイルは、サムスンエレクトロニクス製Androidタブレット「GALAXY Tab 4 7.0」を12月中旬に発売します。日本経済新聞が報じました。

同社としては初めてのサムスン製タブレットの市場投入となり、Appleの「iPad」への依存率を下げる狙いもあると見られています。

 

GALAXY Tab 4 7.0は、7インチディスプレイを搭載するタブレット端末です。

同社は2年間契約で端末価格を実質0円で提供するほか、すでにソフトバンクのスマートフォンを利用している場合は月額料金からの値引きも行います。

 

なお、現時点でソフトバンクでサムスン製スマートフォンを取り扱う予定はないそうです。

Share.

About Author

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply