ノキア、ブランド復活の249ドルAndroidタブレット「Nokia N1」発表

nokian1_3

 

ノキアが、Android OSを採用した7.9インチタブレット「Nokia N1」を発表しました。

同社のデバイス&サービス部門は既にマイクロソフト傘下のため、今回のタブレット端末は、別事業部が開発に携わったようです。

 

Nokia N1は、ディスプレイにアスペクト比4:3の7.9インチ(2048×1536ピクセル)IPS液晶を、OSに最新のAndroid 5.0(Lollipop)を、CPUにインテルの64ビットアーキテクチャ採用2.3GHzプロセッサ「Atom Processor Z3580」を採用したタブレット端末です。メモリには2GBのROMを、ストレージは32GBモデルを用意します。

また、背面には800万画素のメインカメラを、フロントには高画素な500万画素カメラを採用します。

 

nokian1_2

価格帯は比較的安価な249ドルで、主に中国市場を中心に展開されるとされています。

充電・同期用のコネクタにはmicro USB 2.0を採用し、リバーシブル仕様に対応しました。

 

nokian1_4

なお、デザインもサイズもAppleの「iPad mini」シリーズに酷似しているとも話題なので、参考までにスペック比較を掲載しました。

 

スクリーンショット 2021-11-19 9.00.52

 

ディスプレイ解像度、サイズはほぼ瓜二つ。薄さや重量、カメラ性能は「Nokia N1」が優っています。

なにより価格帯。Nokia N1はハイエンドモデルクラスのスペックを有していて、プラットフォームは違えどもiPad mini 3と肩を並べるスペックですが、iPad mini 3の16GBモデルと比較しても150ドルほど安いです。

 

ノキアの公開しているスペックシートによると、素材もワンピースデザインのアルミニウム筐体とのことなので、質感も高そうです。

 

国内での発売は未定で望みも薄そうですが、なんとか入手したい魅力的な製品です。

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>