写真レビュー:Google Nexus 9

DSC03586

 

Googleが、Android 5.0(Lollipop)を初めて標準搭載したリファレンスモデルのタブレット端末「Google Nexus 9」を入手しました。

2012年の「Nexus 7」から7インチサイズをメインで展開してきたGoogleのタブレット端末は、2014年モデルで8.9インチに大画面化されました。

 

スクリーンショット 2021-11-09 13.10.48

 

Nexus 9(Wi-Fi)は、Google Playで販売されており、価格は16GBモデルで43,090円、32GBモデルで49,570円です。

 

DSC03589

 

弁当箱型の化粧箱には大きく「9」とエンボス加工で書かれており、箱のデザインは製造メーカーの台湾HTC製品に似ています。

箱いっぱいにNexus 9が入っており、同梱品は充電・同期用のmicro USBケーブルと電源アダプタ。

 

DSC03590

 

Nexus 9は、アスペクト比4:3の8.9インチQXGA(2048×1536)IPSディスプレイを、OSにAndroid 5.0(Lollipop)を、CPUに64ビットの「NVIDIA Tegra K1」プロセッサを採用しています。

アスペクト比4:3のディスプレイはNexusシリーズでは初搭載で、AppleのiPadシリーズのような感覚に変わりました。

 

DSC03587

 

先述の通り、Nexus 9の製造メーカーはHTCで、同社としてタブレット端末を手がけたのは2011年以来3年ぶりのことです。

国内向けには日本法人のHTC NIPPONが輸入しています。端末は台湾製でした。

 

DSC03594

 

カラーバリエーションは、私が入手したインディゴブラックのほかに、ルナーホワイト、サンドの3色が用意されていますが、国内ではサンドは発売されていません。

背面パネルの素材はラバーコーティングを施したポリカーボネートと見られ、スマートフォンのNexus 5(ブラック)と同じようにソフトな感触です。

 

メインカメラはF値2.4の800万画素カメラを、フロントカメラには160万画素カメラを採用します。タブレット端末には珍しいフラッシュも搭載されています。

カメラは傾斜がかかっている側面部分のみ突出していますが、iPhone 6のように全面が出ているわけでないので、ただ平面においただけではリングは接触しません。

 

DSC03581

 

さて、Nexus 9の開封についてはこの辺りで。

2014年のもう1つのNexusについても、間もなく新しい情報が聞こえてくるといいなと待っています。

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>