NTTドコモが本日発売する「iPad Air 2」等は音声契約によるMNP転入が可能

_MG_0436

 

NTTドコモの販売する「iPad」のWi-Fi+Cellularモデルには、番号ポータビリティ制度を利用して他社からMNPで転入することが可能です。

この制度を利用して、本日から発売される「iPad Air 2」「iPad mini 3」のWi-Fi+CellularモデルもMNPで契約することができます。

 

MNPを利用して転入するには音声プランへの加入が必要なので、データ専用のタブレット端末ではMNP契約が不可と思われがちですが、ドコモのシステム上ではiPadを音声プランで契約することが可能なので、結果的にMNP転入ができることになります。

 

1. iPadにMNP転入するには

その際は、まず他社でMNP予約番号を発行後に、ドコモでiPadを購入時に「MNP転入による音声プランへの加入」を希望します。

本体価格からの割引である「月々サポート」を受けるため、音声プランは「カケホーダイプラン」と「パケットパック」に加入する必要があります。ただし、当然ですがiPadは音声通話に対応していないため電話の利用はできません。

 

その後、通常のiPad契約時に加入する「データプラン」+「パケットパック」にプラン変更を行うことで手続きはすべて完了です。

 

2. MNP転入のメリットは?

iPadはデータ専用端末なので電話番号を引き継ぐこと自体にはあまり意味はありません。

では、MNP転入にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

1つに、ドコモが提供する「家族まとめて紹介割」を使用することで、「iPad」Wi-Fi+Cellularモデルの本体価格が最大3万2,400円割引される施策が用意されていることです。この施策は、2台以上のスマートフォンやタブレット端末をシェアグループ加入で購入した際に適用されるもので、9月から開始されているキャンペーンです。

主な特典は以下のとおりです。

 

特典1:2台以上のスマートフォンやタブレットを同時に購入するか、実施期間中にシェアグループで購入した1台に付き本体価格から最大10,800円の割引(一括購入の際はその場で割引)が適用されます。

特典2:さらに、番号ポータビリティ制度(MNP)を利用した他社からの転入やiモードケータイからの契約変更の際は、さらに1台につき最大21,600円の割引(毎月の請求額から割引)を受けることができます。

 

iPad Air 2などのタブレット端末を購入することを決めていた方が、直近にドコモスマートフォンを契約していたり、同時に他機種を購入予定の場合は、iPad Air 2などもMNP転入することで割引額がアップします。

 

最大3万2,400円の割引を受けるには様々な条件を満たす必要がありますが、通常では割引を受けることはほとんど不可能なApple製品を、正規のキャンペーンを使用することでより安価に購入することができます。

 

これらのキャンペーンは、iPad Air 2やiPad mini 3にかぎらず、同社が販売するすべてのスマートフォンやタブレット端末(月々サポート適用機種)で利用可能です。

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>