GALAXY WORLD TOUR 2014:国内発売予定の3G通信内蔵スマートウォッチ「Gear S」展示

DSC03349

 

サムスン電子ジャパンは、昨日開催した「GALAXY WORLD TOUR 2014 TOKYO」において、NTTドコモおよびKDDIから発売予定のスマートウォッチ型ウェアラブル端末「Gear S」を紹介、展示していました。

 

DSC03351

 

Gear Sは、2インチ(360×480ピクセル)曲面Super AMOLEDディスプレイを搭載したスマートウォッチで、OSには同社が主導して開発するTizenベースのプラットフォームを採用しており、GoogleのAndroid Wearではありません。

 

ドコモからは3G/Wi-Fiに両対応したモデルが、KDDIからはWi-Fiに対応したモデルがそれぞれ発売されます。

3G通信モデルにはnanoSIMカードが挿入できます。

 

DSC03348

P1000779

 

Gear Sはキーボードを搭載しているので、GALAXYスマートフォンと連携してSMSに返信することができるほか、3G通信搭載モデルではGALAXYスマートフォンが手元になくてもSMSや着信を受けることができます。

特に、3GモデルではGear Sのみを身に着けてランニングなどのワークアウトを行うことができるため、スマートフォンフリーとなり、よりワークアウトに集中することができるようになりました。

 

なお、ワークアウトにも安心の防水・防塵性能(IP67)に準拠します。

 

DSC03353

 

本体裏側にはこれまでの「Gear」シリーズ同様に、心拍センサーが搭載されています。

そのほかにも、加速度計やジャイロセンサー、コンパス、環境光センサー、紫外線センサー、気圧計が内蔵されており、GALAXYスマートフォンのSヘルスと連携することもできます。

 

Gear Sは、ドコモ(3G/Wi-Fiモデル)とKDDI(Wi-Fi)から10月下旬に発売予定です。

 

DSC03392

 

なお、GALAXY WORLD TOUR 2014では、日本で未発売のスワロフスキーとのコラボレーションモデルも展示されていました。

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>