NTTドコモ、WQXGA解像度の「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」発表

IMG_9018

写真はドコモ版ではない、Wi-Fiモデル「GALAXY Tab S 8.4」(ホワイト)

 

NTTドコモは、冬春モデルのドコモタブレットとしてサムスンエレクトロニクス製のフラグシップAndroidタブレット「GALAXY Tab S SC-03G」を12月中旬に発売すると発表しました。

 

 

GALAXY Tab S 8.4 SC-03Gは、8.4インチWQXGA(2560×1600ピクセル)Super AMOLEDディスプレイを搭載したAndroid 4.4(KitKat)搭載のタブレット端末で、CPUには2.3GHzクアッドコアプロセッサを採用します。また、 GALAXY S5に搭載された指紋センサーも内蔵します。

今回ドコモには、チタニウムブロンズの1色が投入されました。

 

SC-03Gの標準パックには、ノートパソコンのように使用できる一体型のBluetoothキーボードが同梱しています。

 

RINGO-SANCOでは、「GALAXY Tab S 8.4」のWi-Fiモデルのレビューを掲載しており、一部を除いて基本仕様は同等のため、ぜひご参照ください。(→GALAXY Tab S:レビュー記事まとめ

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Trackbacks/Pingbacks

  1. NTTドコモ、冬春モデル7機種でLTEとWi-Fiを同時接続する高速ダウンロードに対応 - […] NTTドコモ、WQXGA解像度の「GALAXY Tab S…

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>