NTTドコモ、側面までディスプレイの「GALAXY Note Edge」を投入へ

note_edge

NTTドコモが、サムスンエレクトロニクスがグローバルモデルとして9月上旬に発表した、右側面までディスプレイが連なるユニークなデザインのスマートフォン「GALAXY Note Edge」を冬モデルとして発売する準備を進めていることがわかりました。@evleaksJPが明かしました。

 

GALAXY Note Edge SC-01Gは、右側面がラウンドディスプレイというイレギュラーなデザインを採用しており、5.6インチQHD+(2560×1600ピクセル)SuperAMOLEDで、幅の160ピクセル分を各種通知やアプリケーションのショートカットなどに利用します。

OSには、Android 4.4.4(KitKat)を、CPUに2.7GHz クアッドコアプロセッサを採用しているほか、メインカメラには約1600万画素カメラを、フロントカメラには約370万画素カメラを採用しています。GALAXY S5で搭載された指紋認証機能も搭載しています。

 

同社は、米軍の物資調達規格MIL-spec 810Gに準拠した耐衝撃・耐落下性能を有する「GALAXY S5 Active SC-02G」も用意しています。

 

関連:
サムスン、海外発表の「GALAXY Note Edge」「Gear S」を9月18日より国内展示
サムスン、ドコモ向けにMILスペック搭載「GALAXY S5 Active」投入へ

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>