音楽ストリーミングのSpotify、国内サービスの7月開始を延期していた

 

朝日新聞は、音楽ストリーミング配信サービスのSpotifyが、2014年7月に日本国内におけるサービス開始を予定していたものの、無期延期していたと報じました。

 

記事によると、2012年の日本法人の設置後、国内のレコード会社と水面下で交渉してきたSpotifyは、2014年7月に日本でサービスを開始する予定だったものの、一部のレコード会社が楽曲提供を拒否したため、ラインナップの充実を計れず、延期を余儀なくされたとしています。新たな開始時期は不明です。

 

Spotifyは、今年7月、サービス開始を待つことなく沖縄で説明会を開催していました。

 

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Trackbacks/Pingbacks

  1. 大手レーベルが楽曲提供を拒否!音楽ストリーミングサービス「Spotify」、7月に国内リリースを予定していた | gori.me(ゴリミー) - […] 音楽業界の「黒船」と言われている「Spotify」。既に世界…

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>