ワイモバイル、初の旗艦店をサービス開始と同時オープンへ

1

ワイモバイルは、直営店もしくは直営に準ずる店舗を都内にオープンします。

Y!mobileブランドのサービスが開始される8月1日(金)との同時を予定しています。

 

同社は、7月17日に開催した新サービス・新商品発表会において、同社のスマートフォン向け新料金プランを含めた新たなブランド戦略を発表しました。

そのなかで、旧イー・アクセスの展開してきた無線事業・固定通信事業および、ウィルコムの展開してきたPHS事業は、8月1日より両ブランドを統合して「Y!mobile」としてサービスを開始することが明らかにされました。

 

サービスインの8月1日には、新ブランドとしては初の製品であるファーウェイ製Androidスマートフォン「STREAM S 302HW」と、京セラ製PHS端末「STOLA 301KC」、ファーウェイ製モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 303HW」を発売します。

 

 

同社のスマートフォン向け新料金プラン「スマホプラン」は、音声通話定額(1回10分以内、月300回まで)と容量別のデータ通信定額がセットになったプランで、パケット使用量1GBまでのプランで月額2,980円、3GBまでのプランで月額3,980円、7GBまでのプランで月額5,980円で用意します。

また、国内通話が完全定額となる「スーパーだれとでも定額」を月額1,000円のオプションプランとして提供します。

 

Share.

About Author

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

1件のコメント

  1. Pingback: ワイモバイル、直営店「ワイモバイル六本木 Internet Park」を8月1日にオープンすると発表

Leave A Reply