マイクロソフト、旧ノキア従業員を中心に18,000人を解雇へ

マイクロソフトは、日本時間7月17日、全社員の18%に相当する最大18,000人を2015年6月までに解雇する合理化計画を発表しました。

 

削減の対象となるのは、今年4月に買収を完了したノキアの携帯端末部門の従業員が中心で、7割の12,500人が旧ノキアの工場従業員とホワイトカラーとのことです。

本計画に伴い、最大16億ドルの関連費用を計上します。

 

[Source: 日本経済新聞]

 

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>