サムスン、「GALAXY Tab S」のCMでマルチウィンドウ出来ない「iPad」を揶揄

galaxy_tab_s

 

サムスンエレクトロニクスが、高精細ディスプレイを採用する新しいタブレット端末「GALAXY Tab S」のCMのなかで、画面を分割して使用できる「マルチウィンドウ」機能を紹介するとともに、競合モデルで同機能が用意されていない「iPad」を念頭に置いた端末を暗に批判する内容を打ち出しました。

 

GALAXY Tab Sは、10.5インチモデルと8インチモデルの2サイズが用意されており、いずれのモデルにも高精細なWQXGA(2560×1600ピクセル)Super AMOLEDディスプレイを搭載しています。

Android 4.4(KitKat)バージョンを採用し、GALAXY S5に搭載された指紋センサーも内蔵します。

 

日本国内でも発売準備が進められており、Wi-Fiモデルが投入される予定です。

 

 

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google+