イオンの格安スマホ第2弾、デュアルSIMスロット採用で端末代・通信費コミコミ月額1,980円

 

イオンが、ビッグローブと協業して、携帯電話の売り場がある全国の総合スーパー「イオン」を中心とした全国約450店舗において、端末代・通信費・基本料など合わせて月額1,980円(税別)で提供する「イオンスマホ」を7月4日(金)から発売すると発表しました。7月1日から予約受付を開始し、販売目標台数は5万台としています。

 

イオンスマホ第2弾は、geanee製「FXC-5A」で、端末代金は1万5,120円(24回払いの月額は630円)。音声通話の基本料と定額データ通信をセットにした月額1,350円のプランにより、月額費が1,980円から利用できます。

 

FXC-5Aは、5インチqHDディスプレイに、MediaTek社の「MT6582M」1.3GHzクアッドコアプロセッサを搭載し、OSは最新のAndroid 4.4(KitKat)を採用しています。

カメラは、500万画素(メイン)、200万画素(サブ)で、デュアルSIMスロットを搭載します。LTEネットワークには非対応です。

 

今回、イオンではミニストップ約50店舗でも店頭販売します。

 

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google+