Google、健康管理プラットフォーム「Google Fit」発表

 

Googleは、Google I/OにおいてAndroidの健康管理プラットフォーム「Google Fit」を発表しました。

基調講演はYouTubeで視聴可能です。

 

 

Google Fitを利用することで、ユーザーはフィットネスや健康管理の情報をすべて1つのプラットフォームで閲覧することが可能になります。

そのために、Google Fitは、サードパーティ製のフィットネスアプリや健康管理端末とデータ面で連携します。

 

 

Googleは、プレビューのなかでGoogle Fitに参画するサードパーティのアプリケーション、端末メーカーを公表しました。

そのなかには、ナイキも含まれ、最近までAppleのiOSにのみ対応していた「Nike+ FuelBand SE」もGoogle Fitに対応することが明らかにされました。

 

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google+