KDDI、データ量を家族に「ギフト」する制度導入へ

20140508-125501.jpg

 

KDDIは、8月にも導入するauの新料金プランで、月内の余ったデータ通信量を家族にギフトする制度を導入します。日本経済新聞が、24日付で報じました。

 

同社は、NTTドコモとソフトバンクモバイルに追随するかたちで月額2,700円の音声通話完全定額制を導入します。

データ通信量については、他社が採用する家族契約に基づく「シェア」ではなく、あくまで従来の個人契約に基づくシンプルな体系にして、使いきらなかった余分のデータ通信量を家族に「ギフト」する制度を採り入れます。

 

同社は、25日に記者説明会を開催します。

 

関連:
KDDI、6月25日(水)に記者説明会を開催

 

更新:
Sankei Bizは、新料金プランは7月にも導入と報じています。

 

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google+