Google Chromecast:セットアップレビュー
5月28

Google Chromecast:セットアップレビュー

  本日から国内での発売が開始されたGoogleのHDMI搭載ドングル型ストリーミングデバイス「Google Chromecast」を購入しました。 早速テレビに接続してセットアップを開始します。(→開封レビュー)     テレビのHDMI端子にChromecastを接続します。電源はUSBから供給するため、通常は付属の電源アダプタにmicroUSBケーブルを使用して接続しますが、一部のテレビではテレビのUSB端子から電力の供給ができるため、今回は短いmicroUSBケーブルを用意して、テレビ内でセットアップを完結しました。       Chromecastをテレビに接続して、入力切替をするとChromecastの画面が表示され「セットアップが必要です」と表示されます。 具体的には、ここでスマートフォン側やPC側で「Chromecast」アプリをインストール・起動して機器を設定する必要があります。...

Read More
Google Chromecast:開封レポート(本日発売)
5月28

Google Chromecast:開封レポート(本日発売)

  本日から国内での発売が開始されたGoogleのHDMI搭載ドングル型ストリーミングデバイス「Google Chromecast」を購入したので、開封レポートを掲載します。 パッケージは、完全に日本国内版としてローカライズされており、表には「オンライン動画や音楽をあなたのテレビでかんたんに楽しもう」と書かれています。     裏面には、Chromecastと連携するGoogle PlayやYouTube、ChromeといったGoogleアプリケーションのアイコンとともに、製品概要が紹介されています。なお、Chromecast.com/appsにアクセスすると、対応する「dビデオ」や「ビデオパス」(近日対応)などのサードパーティサービスが一覧されます。     パッケージを開けると「スタートガイド」が印刷されています。なお、このスタートガイドが取扱説明書代わりとなります。右側にはChromecast本体が。...

Read More
NTTドコモ、Appleの「iPad Air」と「iPad mini Retinaディスプレイ」の取り扱い開始
5月28

NTTドコモ、Appleの「iPad Air」と「iPad mini Retinaディスプレイ」の取り扱い開始

  NTTドコモとAppleが、6月10日(火)から「iPad Air」および「iPad mini Retinaディスプレイ」の取り扱いを開始すると発表しました。本リリースは、NTTドコモとApple Japanが連名で流しました。   ドコモの加藤薫代表取締役社長は「iPhoneに加えて今回iPadを提供することで、ドコモは日本で人気の高いモバイル端末のラインナップを最も信頼されているLTEネットワークで提供できることになります。お客さまはこの素晴らしいiPad AirおよびiPad mini Retinaディスプレイモデルを、ドコモの高品質なネットワークと新たな料金プランでお楽しみいただけると確信しております。」と述べています。...

Read More
Google、Chromecastの販売を開始
5月28

Google、Chromecastの販売を開始

  Googleが、HDMI搭載ドングル型ストリーミングデバイス「Google Chromecast」の販売を開始しました。 Google Chromecastは、Google Play、Amazon.co.jp、ビックカメラなどで購入できます。   Google Chromecastは、テレビにHDMIで接続することで、Google Playの映画やムービー、YouTubeなどのGoogleコンテンツや、NTTドコモの提供するdビデオやKDDIのビデオパスといったビデオオンデマンドサービスを自宅のテレビで楽しめます。 また、Androidスマートフォンやタブレット、PCやiOS端末がコントローラーになります。 その他にも、PCやMacのChromeブラウザをテレビに表示することも可能です。   Google Chromecast ( Wi-Fi経由 テレビ接続 ストリーミング / HDMI / 802.11b/g/n / 1080p...

Read More
Apple、4.7インチ/5.5インチのiPhoneをFoxconnに発注=DIGITIMES
5月28

Apple、4.7インチ/5.5インチのiPhoneをFoxconnに発注=DIGITIMES

  DIGITIMESは、上流サプライヤーからの情報として、Appleが、4.7インチと5.5インチの次期iPhoneをFoxconnに発注したと報じました。 また、Pegatronは4.7インチモデルの30%を製造し、現行の4インチモデルはWistronに外注されるとしています。   同紙は、Appleの2014年の主力機種は4インチと4.7インチのiPhoneになるとしており、Foxconnは中国鄭州市の工場で7月から4.7インチモデルの供給を、8月から5.5インチモデルの製造をそれぞれ開始するようです。   Appleは、2014年後半に複数の新しいiPhoneをリリースすると伝えられており、同レポート同様、4.7インチのiPhoneと5.5インチのファブレット端末が新たにラインナップされるとされています。 過去に伝えられた情報では、いわゆる「iPhone...

Read More