GALAXY S5:NTTドコモ版とKDDI版の外観デザインを比較。

0

 

サムスンエレクトロニクスのGALAXY S5は、NTTドコモの「SC-04F」とKDDIの「SCL23」が同日に発売されました。

RINGO-SANCOでは、2つのモデルを入手したのでドコモ版とKDDI版のデザイン上の差異を見ていきます。

 

なお、ドコモ版のSC-04Fは、サムスン電子ジャパンよりお借りしている端末を使用しています。

 

GALAXY S5 SC-04F

 

ドコモ版のGALAXY S5のディスプレイ側には、上部に「NTTdocomo Xi」のロゴが入っています。

詳しいことは不明ですが、ドコモのレギュレーションに沿うと基本的には表面にこのロゴを入れなければならないのかもしれません。事実、夏モデルの中でもロゴが表面に入っていないのは「Disney Mobile on docomo SH-05F」のみ(背面ロゴ)でした。

 

GALAXY S5 SCL23

 

一方のKDDI版GALAXY S5のディスプレイ側は、全くロゴが入っていないシンプルなデザイン。メーカーロゴもブランドロゴも、キャリアロゴも入らないのはむしろ珍しいほうだと思います。

 

 

次に背面デザイン。ドコモ版は、GALAXY Sのロゴがカメラ・フラッシュの下部に配置。そして「SAMSUNG」ロゴとその下にキャリア型番の「SC-04F」が記載されています。すごく中途半端なところにFeliCaマークも。

 

IMG_8937

 

次にKDDI版の背面。ドコモ版と同じく「GALAXY S」ロゴはカメラ下部に。異なるのは、「SAMSUNG」ロゴが無いこと。代わりにキャリアロゴである「au」が入り、その下にはドコモ版と同様にキャリア型番「SCL23」の記載が。

 

通して比較してみると、NTTドコモ版よりもKDDI版のGALAXY S5のほうがシンプルなディスプレイ面デザインで、かつ背面もKDDI版では、あまり国内では好印象を持たれない「SAMSUNG」ロゴが含まれていないため、トータルデザインではスッキリしていると感じました。

 

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply