Google+は「ウォーキング・デッド」

Googleplus-banner

 

TechCrunchは、Google+の生みの親とも評される同社のソーシャル担当上級副社長ヴィック・ガンドトラ氏の退社発表を受けて、複数の情報筋に確認したところ、Google+はもはや製品サービスではなくプラットフォームとして扱われると述べたと伝えました。

Google+はソーシャルネットワークサービスとしてTwitterやFacebookが競合でしたが、今後は競り合うことを断念したとのことです。

 

この報道をGoogleは強く否定し、ガンドトラ氏の退社がGoogle+の今後の計画に全く影響がないと主張していますが、TechCrunchの情報筋は、Google+部門の抱える1000人〜1200人のうちの大半が部署異動しており、Google+のハングアウトチームはAndroid部門に異動し、写真チームもこの動きに続きそうだと述べています。

 

現在、Google+はGoogleの各サービスの基幹に位置していて不満を持つユーザーも多いため、今後のリフォームが期待されます。

 

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google+