ナイキ、FuelBand開発チームを解雇/事業終息へ

DSC02423

 

CNETは、ナイキがウェアラブル端末「FuelBand」開発チームの大半を解雇し、同事業から撤退する方向で調整していると報じました。

記事によると、同社広報のブライアン・ストロング氏は「ペースの早いグローバル事業として、われわれは、リソースを事業の優先順位に合うよう継続的に調整している」とコメントした上で、解雇については認めましたが、事業撤退については明らかにしませんでした。

 

ウェアラブル分野では、今年度は様々な機種が乱立しているほか、サムスンエレクトロニクスやLGエレクトロニクス、モトローラといった大手メーカーもAndroid Wearを開発しており、飽和状態が予想されます。

 

国内では本日から一般店で「NIKE+ FuelBand SE」の販売が開始されるというのに、嫌なタイミングでのニュースです。

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

1 Comment

  1. Nike曰く、FuelBand事業の閉鎖は噂に過ぎず、新しいカラーモデルの登場も間近
    詳しく説明⬇️
    http://jp.techcrunch.com/2014/04/21/20140419nike-says-the-fuelband-isnt-dead-new-color-options-coming/

    Post a Reply

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google+