レビュー:「Mailbox」Android版が登場

mailbox-android

 

Dropbox傘下のMailboxが、iOS向けに提供していたメールアプリ「Mailbox」のAndroid版を本日リリースしました。

Mailboxは、クラウドベースのメールアプリで、直感的なジェスチャーによるメールの処理が特徴。アーカイブ化からTo Doリストの作成、後で読む機能などが充実しているのも支持を集める理由です。

 

今回、Androidスマートフォン向けに公開されたということで、実際に試してみました。

 

mailbox1

 

Mailboxは、Dropbox傘下のサービスでサインインするにはDropboxのアカウントが必要になります。既存のアカウントを持っている場合はそれを使用したらOKです。

 

mailbox2

 

スクリーンショット(左)が表しているように、Mailboxでは新しいメールを受信すると、既読にするか、アーカイブ化するか、または「あとで読む」リストに入れるか、To Doリストに入れるかを左右のスワイプアクションで振り分けできます。

 

スクリーンショット(右)はアカウントを追加する画面です。現時点ではGmailとiCloudメールにのみ対応。ですが、私の環境ではこれだけで十分です。iPhoneと違い、AndroidスマートフォンはGmailとその他のメールでクライアントが異なっているので、チェックも設定も面倒でした。

その点だけが、iPhoneと比較したときのAndroidスマートフォンの不自由な部分とも感じていたので、Mailboxによりその2つのサービスをより良い形で集約できるのは大きな進歩と言えます。

 

mailbox3

 

先ほどの「既読」「アーカイブ」「あとで読む」「To Do」への振り分けするには、メールのサムネイルを左右にスワイプします。右にスワイプで「既読」、右に大きくスワイプで「アーカイブ」、左にスワイプで「あとで読む」、左に大きくスワイプで「To Do」に分けられます。

例えば「あとで読む」機能で「あとで読む(本日中)」にすると、数時間後にリマインドされます。こうした振り分けはアプリの左側から右にスワイプすることでフォルダで管理されているので、いつでも確認できます。

 

私は、このMailboxは、iPhoneとAndroidスマートフォンを併用していたユーザーにはかなり革新的なサービスと評価しており、メーラーを1つに統合できることで、よりAndroidスマートフォン上での管理が楽になり、更に言うとiOSユーザーのAndroidへの移行が格段に優しくなったと感じました。

 

[Mailbox (Google Play)]

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google+