2014年3月携帯純増数:ソフトバンクが2ヶ月ぶり首位/月次発表は最後

0

 

移動体通信事業者各社は、本日、2014年3月の契約者純増数(契約者数から解約者数を差し引いた数)を公表し、ソフトバンクモバイルが2ヶ月ぶりに首位に返り咲きました。各社の純増数は以下のとおり。

キャリア/契約者純増数2014年2月2014年2月(前月比)2013年2月(前年同月比)
ソフトバンクモバイル64万9,50026万6,00066万0,700
NTTドコモ51万5,50026万7,90041万7,400
KDDI (au)49万4,60022万50051万1,900

春商戦最盛期ということで、各社ともに前月比で契約者数を倍増させているほか、前年比で見るとソフトバンクとKDDIがほぼ据え置く一方で、ドコモが純増数を10万弱増やしています。

なお、TCA(電気通信事業者協会)および各キャリアでは、月次の契約者数公開を2014年4月分から中止し、四半期単位に変更することが決定しています。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply