Apple、ルネサス子会社の買収交渉=日本経済新聞

apple-logo

 

Appleは、半導体大手ルネサスエレクトロニクスの子会社で、液晶用半導体の開発及び販売を手がけるルネサスエスピードライバの買収交渉に入りました。日本経済新聞が、2日付で報じました。

現在、ルネサスエスピードライバには、ルネサスが55%、シャープが25%、台湾パワーチップが20%出資しています。今回、Appleは、ルネサスから全株を500億円規模で取得する方針で、Appleの要請次第ではシャープも売却します。

 

液晶用半導体は、液晶の画質や応答速度に影響する基幹部品で、同社はスマートフォンの中核技術の取り込みに乗り出します。

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google+