Mac Fan、4.7インチ/5.7インチの次期iPhoneの詳細情報を掲載
3月28

Mac Fan、4.7インチ/5.7インチの次期iPhoneの詳細情報を掲載

4インチiPhone 5cと4.7インチ/5.7インチiPhoneのモックアップ画像//RINGO-SANCO   株式会社マイナビが発行する月刊誌『Mac Fan』2014年5月号は、信頼のおける情報筋から入手した次期iPhoneの詳細情報を掲載しています。   掲載情報によると、Appleが開発している次期iPhoneは、4.7インチと5.7インチのディスプレイを搭載した2モデルとなり、入手した形状によると、背面デザインが「iPhone 5c」に近いとしています。 そのため、大型ディスプレイのモデルはiPhone 5c系のラインナップとなり、例年のハイエンドモデルは「iPhone 5s」と同様のサイズ感で正統進化するのではないかと予測しています。   関連: シャープ、次期iPhone向け液晶パネルを6月に量産体制へ Apple、大幅に高解像度化した「iPhone 6」2サイズで9月発売へ=日本経済新聞...

Read More
シャープ、次期iPhone向け液晶パネルを6月に量産体制へ
3月28

シャープ、次期iPhone向け液晶パネルを6月に量産体制へ

  共同通信(日刊スポーツ経由)は、経営再建中のシャープが、Appleの次期iPhone向けに液晶パネルの生産を始める見通しとなったことが27日分かったと報じました。 報道によると、シャープは事実上のApple製品向け専用工場として運営する亀山第1工場で、早ければ6月にも量産に入ります。新しいiPhoneは「iPhone 6」という名称が有力視されており、今秋までに発売される見通しです。   日本経済新聞は、本日、Appleが新しいiPhoneを9月に2種類のディスプレイサイズで発売し、5.5インチと4.7インチの2種類となる「公算が高い」としており、従来のRetinaディスプレイよりも大幅に高解像度化された液晶パネルを、シャープ、ジャパンディスプレイとLGディスプレーに発注するようです。また、解像度も従来のRetinaディスプレイよりも大幅に高解像度になるとしています。...

Read More
総務省、MNPキャッシュバック抑制策を検討
3月28

総務省、MNPキャッシュバック抑制策を検討

  総務省は、番号ポータビリティ(MNP)を利用した乗り換え制度に用いられている各社のキャッシュバックが、全体の通信料の高止まりを招いているとして抑制策を検討します。日本経済新聞が、28日付で報じました。   同省は、昨日、新藤義孝総務相の諮問を受けた有識者検討会において議論を開始しました。今年11月を目処に具体策を取りまとめます。 抑止策の1つに、各キャリアにSIMロック解除を徹底させる案が浮上しているそうで、その他に、MVNOの参入を促進して幅広い料金プランを選択できるようにし、大手の通信料にも影響を与えたいとしています。   現在の端末は特定の携帯会社のSIMカードにしか反応しないようロックされている場合が多い。ロックを解除して同じ端末で別の携帯会社の通信サービスに乗り換えられるようになれば、端末を無料で提供したり現金を渡したりする商慣行は崩れるとみている。...

Read More
Apple、大幅に高解像度化した「iPhone 6」2サイズで9月発売へ=日本経済新聞
3月28

Apple、大幅に高解像度化した「iPhone 6」2サイズで9月発売へ=日本経済新聞

  日本経済新聞が、Appleが新しいiPhoneを9月に2種類のディスプレイサイズで発売することがわかったと報じました。製品名称は「iPhone 6」が有力視されているとしています。   記事によると新しいiPhoneは、5.5インチと4.7インチの2種類となる「公算が高い」としており、シャープ、ジャパンディスプレイとLGディスプレーが供給するようです。また、解像度も従来のRetinaディスプレイよりも大幅に高解像度になるとしています。 新しいiPhone用の指紋センサーなどの関連部品はすでに生産を始めており、液晶パネルについてはシャープの亀山工場とジャパンディスプレイの茂原工場などで、2014年第2四半期にも量産を始めます。   関連: Apple、次期iPhone向けのバッテリーを台中2社に発注=DIGITIMES ジャパンディスプレイ、スマートフォン用液晶工場を1,000億で新設へ 大画面iPhoneは「iPhone...

Read More
Apple、次期iPhone向けのバッテリーを台中2社に発注=DIGITIMES
3月27

Apple、次期iPhone向けのバッテリーを台中2社に発注=DIGITIMES

DIGITIMESは、Appleが、次期iPhoneのバッテリーを台湾Simplo Technology社と中国Desay Battery Technology社の2社に発注したようだと報じました。なお、上流サプライチェーンの情報筋によると、現行の「iPhone 5s」「iPhone 5c」向けにバッテリーを供給している台湾Dynapack社への発注は確認できていないとのことです。   ただし、次期iPhoneが量産体制に入っていないことから、依然Dynapack社や中国Sunwoda社はバッテリーの受注獲得に向けてAppleに働きかけをしているようです。...

Read More