東芝、Chromebookを国内投入へ

DSC02108東芝製Chromebook(CES 2014にて)

 

東芝は、今年4月にもGoogleのChrome OSを搭載するノートブックを国内市場に投入します。Sankei Bizが8日付で報じました。

 

Chrome OSを搭載するノートブック「Chromebook」は、中国や台湾メーカーを中心に海外で展開されていますが、現時点で国内では発売されていません。

東芝は、今年1月にラスベガスで開催された2014 International CESにおいて、同社初のChromebookを展示しました。写真のChromebookは、13.3インチ(1366×768)ディスプレイ搭載モデルで、米国では279USドル(約2万9,000円)で発売されています。

 

DSC02106

 

同社は、Chromebookの特徴である低価格さ、Googleのクラウドサービスとの連携の充実、起動時間の早さなどの使い勝手のよさをトータルして、いち早く国内に投入してシェア拡大を目指します。

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>