ソニー、電子書籍ストア「Reader Store」北米市場から撤退

ソニーは本日、電子書籍ストア「Reader Store」について3月末までに北米市場から撤退し、ReaderユーザーはKoboのサービスに移行できるように整えると発表しました。

現在、電子書籍リーダーのSony ReaderやXperiaスマートフォン、タブレットで「Reader」を使用している北米のユーザーは、コンテンツをKoboに引き継げるようにします。また、同地域のXperiaには順次「Kobo」アプリをプリインストールするほか、Sony ReaderからKobo eBookstore経由での購入ができるようにアップデートします。

同社は、北米でReader Storeを3月末で閉鎖すると案内していますが、電子書籍リーダー事業については特にコメントしていません。

 

更新:
国内のReader Storeは、本日付で「今後ご提供予定のサービスのほんの一部をご案内」を掲載し、2014年春ごろまでにiOS向けのサービス拡充や、2014年新緑のころから夏にかけてPCやPlayStation Vitaへの対応など積極的な展開を説明しています。

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>