パナソニック、スマートフォン事業に再参入/法人向け=朝日新聞

panasonic_smart

朝日新聞は、パナソニックが、昨年10月に事実上撤退したスマートフォン事業に再参入すると報じました。生産計画が立てやすい法人向け端末を開発し、将来的には個人向け市場への再挑戦も視野に入れています。

パナソニックは昨年9月、AVCネットワークス傘下のパナソニックモバイルコミュニケーションズが手がけていた国内の個人向けスマートフォン事業について、2013年10月1日をもって新規開発を休止すると発表しました。

今回、同社は法人向け端末として5インチの耐衝撃スマートフォンを開発し、既に米国法人との交渉を開始しました。

 

同社は来月スペインのバルセロナで開催されるMWCへの出展も検討しています。

 

関連:パナソニック、国内の個人向けスマートフォン事業の休止を発表

Check
LINEで送る
Pocket

Ryu

Author: Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Share This Post On
  • Google

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>