iPhone 7:ホームボタンは物理式ではなく静電容量式に

0

 

Macお宝鑑定団は、サプライヤーからの情報として、Appleが今秋リリース予定の「iPhone 7」のホームボタンには静電容量式が採用されて、MacBookの感圧センサータッチトラックパッドのように、電源をオフにしているときにはクリック感がなくなるようだと伝えています。

スクリーンショット 2016-07-27 7.54.51

これまでのクリック式ホームボタンは物理的な故障が多く、iPhoneユーザーはアクセシビリティによるオンスクリーン操作を設定することが一般的になりつつありましたが、静電容量式を採用することでこの手の問題が解決しそうです。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply