ソフトバンク、法人向けWindows Mobile 10スマートフォン「503LV」発表

0

 

ソフトバンクが、法人向けのWindows Mobile 10スマートフォン「SoftBank 503LV」を10月下旬以降に発売すると発表しています。同社からWindows 10 Mobileスマートフォンがリリースされるのは初です。また、503LVはレノボ・ジャパン製のスマートフォンで、同社によるとレノボブランドのスマートフォンが国内の携帯電話事業者から発売されるのは初めてとのことです。

ソフトバンクとレノボ・ジャパン、日本マイクロソフトは今後、503LVなどの商品を活用して、ソフトバンクの音声サービスとマイクロソフトのクラウドPBXによる連携サービスの提供、モバイルセキュリティのための24時間ヘルプデスク設立などを予定しているとしています。

503LVは、5インチHDディスプレイを採用するスマートフォンで、メインカメラに800万画素CMOSセンサーを、サブカメラに500万画素CMOSセンサーを採用します。CPUには、クアルコム「MSM8952」1.5GHz+1.2GHzオクタコアプロセッサを搭載。内蔵ストレージは32GBで、メモリは3GBです。

テレビやモニターにスマートフォンを接続してPC向けのWindowsのようなユーザーインターフェースを利用できる「Continuum」にも対応します。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply