富士通、SIMフリースマホ「arrows M03」7月下旬より発売

0

 

富士通が、SIMロックフリースマートフォン「arrows M03」を7月下旬より発売すると発表しました。

いわゆる格安スマホのキャリアから販売されるSIMフリーモデルながら、おサイフケータイに対応するなどで人気を博した「arrows M02」の後継モデルとして、今回も各MVNOや家電量販店で販売されます。

スクリーンショット 2016-06-28 22.48.02

arrows M03は、5インチHDディスプレイにAndroid 6.0バージョンを採用するスマートフォンで、CPUには1.2GHzの4コア「Qualcomm MSM8916」を搭載しています。なお、ベースモデルはNTTドコモ向けの夏モデル「arrows SV F-03H」です。

FeliCa系のiD、WAON、楽天Edy、QUICPay、モバイルSuica、nanacoなどに当初より対応するなど、他の格安スマホと異なり大手キャリアモデル同様におサイフケータイが利用できます。

DSC04169

防水、防塵性能のほか、米国国防省物資調達基準のミルスペックに準拠しており、高い耐久性を備えています。背面パネルにもハードコートを施し、キズや指紋の付きにくい素材を採用しました。また、最近は珍しい仕様になりましたが、ワンセグアンテナが本体に内蔵しています。外部アンテナ仕様と異なり、いつでも電波さえあればワンセグを視聴できます。

なお、背面カメラはF2.0で1310万画素の裏面照射積層型CMOSセンサーを、インカメラには500万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用しています。

rakuten_m03

楽天モバイル、mineo、NifMo、UQ MobileなどのMVNO各社のほか、ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機、上新電機などの家電量販店でも販売されます。

参考価格として、楽天モバイルでは契約時の一括価格35,424円(キャンペーン非適用)、ビックカメラでは本体価格42,973円で予約受付を開始しています。

arrows M03は、ブラック、ホワイト、ピンク、シャンパンゴールド(楽天モバイル限定)、グリーン(mineo限定)の5色で展開されます。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply