Apple、一部のApple Watchの背面カバーが外れる事象で個別に交換対応

0

 

一部のApple WatchとApple Watch Sportにおいてセンサーのある背面カバーが外れる事象が発生しており、Appleが無償修理交換を実施している模様です。

Appleによると、この問題を2016年6月17日までに把握したとのことで、同事象が発生したユーザーは購入から2年間または2017年6月18日まで、同事象に関する無償修理の対象になります。また、この症状で有償修理を実施しているユーザーには返金対応が案内されます。

これまでのところAppleは公式にアナウンスしていませんが、Apple CareやApple直営店、Apple正規プロバイダーで修理受付を行うことができます。

Appleに確認したところ、シリアル番号での照合は行っておらず、不具合の見られるユーザーに個別に対応するとのことでした。現時点でApple Watchの発売時期が関係するのか不明ですが、同事象が発生しているユーザーはApple直営店かApple正規プロバイダーに相談してみてください。

なお、今年2月、RINGO-SANCOでは同事象の発生したApple Watch Sportを無償交換したことを伝えていました。発生した症状は今回の事象と同様の内容と思われます。(→Apple Watch Sportのバックパネルが磁力に負けて外れた。

 

(via Macお宝鑑定団

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply