Apple、macOS Sierra / iOS 10 / watchOS 3 を今秋リリース

0

 

Appleが、本日未明に開催されたWWDC 2016の基調講演において、MacやiPhone、Apple Wacthの新しいOSメジャーアップデートを披露しました。

 

◯iOS 10

スクリーンショット 2016-06-14 5.35.33

iPhoneやiPod touch向けの「iOS 10」は、大きな文字の投稿やスタンプなど機能が大幅に追加されたiMessage、サードパーティに開放されてより賢くなったSiri、予約を取れるようになったMaps、Homekit対応アクセサリをコントロールできる新しいHomeアプリ、デザインを刷新したMusic、iPhoneを持ち上げるだけでスリープ復帰する機能などが搭載されました。

 

◯watchOS 3

スクリーンショット 2016-06-14 5.48.17

Apple Watch向けの「watchOS 3」は、アプリの高速起動、新しいフェイス、定期的に深呼吸を促すBreatheアプリ、新しいMessageアプリ、Homekit対応アクセサリをコントロールするHome、ボタンを押し続けてSOSを発信する機能、Macのロック解除などが搭載されました。

 

◯macOS Sierra

sierra

Mac向けの「macOS Sierra」は、これまでOS Xと呼ばれていたMac OSから名称を変更してリリースされました。新たにSiriが搭載されたほか、自動生成される写真のメモリーアルバム、Apple Watchでのロック解除、iOSとMac間でのコピーアンドペーストなどが新機能として搭載されました。

これらのソフトウェア新バージョンは今秋リリース予定で、本日よりデベロッパプレビュー版が配布されます。

Share.

About Author

Ryu

RINGO-SANCO オーガナイザー。ガジェット好き。携帯電話を専門に、Appleのスマートフォン戦略やその他のメーカーの動向を追いつつ、様々なスマートフォンをレビュー。ポッドキャスト「ミリオン・ドッツ」メンバーも務める。

Leave A Reply